奉仕の気持ち

人の数だけ異なる人生があるのと同じように幸せの種類も人の数だけあるといっても良いでしょう。ある人にとっては美味しいものを食べることであったり、別の人は家族と一緒にいることであったりとさまざまです。

ただ、自分が人のために何かをして、相手が喜ぶ顔を見た時に自分も幸せを感じる人は多いのではないかと思います。誰かのために何かをする奉仕の気持ちは、たとえ小さなことでも非常に価値のあることでしょう。

人生において、多くの時間を費やすものは仕事だと思います。会社で働く人や公務員の人もそうですし、専業主婦であっても家事という名の仕事をしています。誰でも何か仕事をしているということです。つまり、奉仕の気持ちは誰にでもあるとも言えます。

おすすめ記事